ITサービス
テレワーク環境構築サービス


テレワークの必然性の高まり

新型コロナウィルス感染症Covid-19の感染拡大に伴い、緊急事態宣言の発出がなされ、準備不足のまま急遽テレワーク 体制へ突入されてしまった方々も多いのではないでしょうか。緊急事態宣言は解除されましたが、今後やってくるといわれている 第2波、第3波に備えて、また新しい生活様式New Normalに対応するためにテレワーク環境の整備は必須となってきています。

テレワーク導入への不安材料

しかし、実際にテレワークを導入しようとすると、様々なソリューションがあり、一体何を採用すればいいのか悩んでしまわれ るのではないでしょうか?

最近では、クラウドを用いたソリューションも数多く提供されています。しかし新たに必要になってくるコストや、そもそも機 密情報の漏洩対策や不正アクセスにどのようなリスクがあるのかを判断するには、専門知識を必要とされることが多々あります。

現在オフィスに存在しているPCやファイルサーバーなどの現有資産を効率的に利用するのであるならば、やはりVPNを構築 してテレワーク環境を構築することが、新たに発生する費用を安く抑えられ、何よりも機密情報がクラウドには存在しないという 安心感が得られるのではないでしょうか?

VPNを採用しようとしても、まだ、不安は尽きません。
一体どのVPNを導入すればいいのか、VPNへの不正アクセスは防げるのか、機密情報の漏洩はないのか、従業員のPCがマル ウェアに感染していた場合、それをオフィスに持ち込んで感染拡大させてしまうことはないのか。

ITS_telework_1.png

ケイレックスのテレワーク環境構築サービスなら安全・安心・安価

そこで、長年にわたり当社で実績のあるテレワーク環境を、中小企業様向けに安価で提供することといたしました。

ITS_telework_2.png


当社のテレワーク環境では、お客様のサイトに当社のVPNゲートウェイを設置し、お客様のルーターに若干の設定変更を行う だけですので、お客様のネットワーク環境の大幅な変更は必要せず、簡単に導入することができます。

■訪問設置
VPNゲートウェイの設定・設置、お客様のルーターの設定変更を行うために、お客様サイトへ訪問をさせていただきます。

■VPNはリモートデスクトップを用いた遠隔操作型
PPTPやL2TPなどのネットワーク収容型のVPNは、自宅に置かれた個人のPCなどテレワークPCを会社のネットワーク に仮想的に接続することになってしまいます、その場合、テレワークPCのセキュリティが完全に保たれていなければなりませ ん。テレワークPCがマルウェアに感染していた場合、会社のネットワークに感染を拡大させてしまう危険性は非常に高いです。 また、会社のネットワークのファイルサーバーなどに保存された機密情報も、テレワークPCに保存することができるため、テレ ワークPCを通じた情報漏洩の危険性もあります。
リモートデスクトップを用いた方法であれば、これらを解決することができます。リモートデスクトップは会社のPCをテレワー クPCから遠隔操作するだけで、テレワークPCと会社のネットワークとの間にファイルの送信は行いません。

■強固なログイン認証
VPNにログインする場合は、ユーザーごとに設けられた秘密鍵・公開鍵を用いて認証します。
これにより鍵を保有しない第三者による不正アクセスを防止することができます。

■通信回線の種類を問いません
VPNでよく用いられるPPTPやL2TPの場合、自宅のルーターや、プロバイダーの通信機材が、いわゆるVPNパススルーで ある必要があり、通信回線によってはVPN接続自体が行えない事もあります。
ケイレックスのテレワーク環境では、こういった心配は無用です。

■安価なサービス
ケイレックスのテレワーク環境では、活動が継続されている定評のある商用利用無償なフリーソフトを多く用いて構築されていま すので、余計なライセンスフィーは必要ありません。

価格

VPNゲートウェイのハードウェア代金も含めて、¥500,000(消費税含まず)でご提供いたします。

※1:東京近郊のお客様に限定させて頂きます。
※2:瑕疵に限り3か月の無償保守が付随します。

メンテナンス・サービス(オプション)

年額¥50,000で下記の内容のメンテナンス・サービスをご提供いたします。
・VPNゲートウェイの脆弱性アップデートの実施
・ユーザーの追加・削除登録

※1:上記はいずれもリモートメンテナンスでの対応となります。
※2:VPNゲートウェイのハードウェア保守は含まれません。


パンフレットはこちら



前のページへBack   このページの先頭へTop