SECRANG™ (シークラング)
真性乱数サーバー


概要

真性乱数サーバー SECRANG(シークラング)は、真性乱数をネットワーク経由で取得するためのシステムです。

乱数は、次にでてくる数値が予測できないという特性を持ちます。そのため、データの暗号化のための鍵の生成など、情報セキュリティシステムには不可欠のものです。また種々の分野におけるばらつきの統計的解析(モンテカルロシミュレーション)にも有用です。しかし、現在使用されている乱数のほとんんどは「擬似乱数」と呼ばれるもので、コンピューターのアルゴリズムにより乱数を生成しています。この疑似乱数は周期性を持つため、次に出てくる数値を予測されてしまう恐れがあります。近年情報セキュリティの脆弱性が問題となってきていることから、次の値が完全に予測できない乱数の必要性が高まってきています。

この問題を解決する乱数を生成するには、熱雑音などの物理現象を利用する物理乱数生成器が用いられます。しかし、従来の物理乱数生成器は、一般にはボードで提供されるのみで、容易にネットワーク経由で、複数の利用者が共用できるような製品は、市場に提供されていませんでした。

ケイレックス・テクノロジーは、株式会社ニューテック(東京都港区、代表取締役社長:笠原康人)と共同で、これらの問題を解決した物理乱数生成器と利用環境をサーバーに組込み、毎秒50メガバイト~150メガバイトの乱数をネットワーク経由で取得できる真性乱数サーバー SECRANG を開発しました。ここで生成される乱数は、米国政府機関であるNIST(米国商務省標準技術研究所)の乱数検定SP800-22に合格しており、高速性に合わせ、信頼性も非常に高いものとなっています。

ケイレックス・テクノロジーの秘密分散バックアップシステム SECLANCER(シークランサー)と、真性乱数サーバー SECRANG を組合わせることにより、より高い情報セキュリティ保護環境を実現することができます。

製品仕様

乱数生成速度

毎秒50メガバイト(乱数生成器1台~150メガバイト(乱数生成器3台)

1U model 構成

Items Description
CPU Intel Xeon E5-2620 (6Cores, 2.00GHz)
Memory 8GB
Disk 1TB
Network ports 1Gbps

前のページへBack   このページの先頭へTop