取扱い製品製品一覧


半導体ソリューション製品

ケイレックスは、半導体ソリューションとして、下記のEDA関連ソフトウェアおよび半導体IP製品を使用するに当たっての各種サービス(利用フローの提案および構築、お客様の既存の設計フローとのインタフェース開発、必要なライブラリー開発、データ変換、フロー検証、等)を提供しています。また関連して、一部の製品についてはライセンスの販売代理も行っています。

製品名 説明
Askek マスク 欠陥判定緩和支援システム (株式会社半導体理工学研究センター STARC製) 株式会社先端SoC基盤技術開発(ASPLA)で開発されたマスク検査装置の検査結果と設計データ(GDSデータ)を対比して、マスク欠陥の修正をするか否かを判定するシステムです。
判定は、欠陥修正判定ルールに従い、マスク欠陥の重要度分析を行うことで実施します。
ChronoVA™・ChipScope™ 統計的設計検証ツール (アメリカAnova Solutions製) ローカルばらつきおよびグローバルな特性シフトを考慮した統計的タイミング解析および消費電力解析を行います。セルベースのSSTA(統計的静的タイミング解析)、統計的回路シミュレーションなどの機能があります。またグローバルな特性変動モデルは、製造における歩留り管理にも応用することができます。
OASISmark2005 (株式会社半導体先端テクノロジーズ Selete製) OASISフォーマットで提供される検査データ群です。
OASIS関連のEDAツールの新規開発、導入またはバージョンアップ時の機能チェックや性能評価をテスト・検査するデータを提供します。
STARCAD-21® (株式会社半導体理工学研究センター STARC)製) 株式会社半導体理工学研究センター(STARC)が、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の支援を受けて開発した、90nm以降の最先端テクノロジーにおけるSoC(System on a Chip)設計のための設計メソドロジーとそのリファレンスフローです。階層設計、低消費電力設計、ハンドオフ基準等の各種ノウハウが集められています。
STEERSIP (株式会社ひびきのシステムラボ製) STEERSIPはフル3次元の実装設計プラットフォームです。単純なパッケージから、複雑なマルチチップのでSiP (System in Package)まで、設計および解析行う各種機能を提供します。
FUJIKO(JPCA標準EB02)パーサー FUJIKO(JPCA標準EB02)に含まれるさまざまなデータを使用するためAPI(Application Program Interface)です。プログラミング言語C++のクラスライブラリーとして、構文解析を行い、必要な情報にアクセスする各種インターフェースを提供します。
VIP Lane® (フランスSatin Technologies製) チップ設計、IP設計のQAサインオフツールです。サインオフに必要な手順を尽くしたか、結果は問題なかったかというような、検証手順の一貫性を検査をします。大規模・複雑なチップ設計において、分担して設計した各パーツがチップレベルで集積して問題ないかという検査など、グループウェアとしての応用にも適しています。

システムソリューション製品

ケイレックスは、システムソリューションとして、下記のソフトウェアを使用するに当たっての各種サービスを提供しています。また関連して、一部の製品についてはライセンスの販売代理も行っています。

製品名 説明
実験計測システム
鏡検カウンター お手持ちのパソコンを各種顕微鏡検査用のカウンターとしてご使用いただくためのツールです。
アプリケーションシステム
DPA Workstation™ (アメリカ Cryptography Research, Inc.製) DPA Workstation™は、Cryptography Research, Inc.が提供する、世界一強力でフレキシブルなサイドチャネル攻撃評価プラットフォームです。暗号装置のサイドチャネル攻撃に対する耐性を評価し、製品のセキュリティーと信頼性を向上させることができます。
ITシステム
データ圧縮ツール (アメリカSolution-Soft製) ギガバイトオーダのGDS-IIまたはMebesデータを圧縮するツールです。
海外とのデータ転送用ツールも別途に提供されます。ディスクサイズ削減、バックアップ利用、データ転送などに最適です。
Time Machine® (アメリカSolution-Soft製) ログインのユーザーごとに、独立してサーバーのシステムクロックをバーチャルクロックに変更できます。
Webアプリケーション等でサーバーのシステムクロック(日時・時刻)をアプリケーション単位に設定できるため、他のアプリケーションを気にせずに時刻を進めたり戻したりでき、時刻を扱うアプリケーションのテスト、トレーニング等に使用できます。 アプリケーションの修正は不要であり、すでに、欧米を中心に非常に多くのライセンスが使用されています。
DDMS 分散型データ同期システム ネットワークに分散した各種データの同期管理、各ターミナルでのローカルな編集データのチェックイン/チェックアウト等の管理を行います。

前のページへBack   このページの先頭へTop